twitmβ版  〜メール de Twitter
line


使い方
   

準備(登録)

  1.twitm試験サービスへご登録ください。
 登録の際は投稿に利用するメールアドレスを入力いただきます。

2.Twitter の OAuth認証が完了しますと、専用のメールアドレスが発行されます。
 ※入力いただいたメールアドレスと、専用のメールアドレスで不正利用を防止していますが、なりすましは防くことは困難ですので専用のメールアドレスは他人に知られないようご注意をお願いします。

3.複数のメールアドレスからの投稿を希望する場合はメールアドレス毎に登録をお願いします。

使用方法

 登録の際入力いただいたメールアドレスから、発行された専用のメールアドレスにメールを送ることで全ての操作が行えます。
 専用メールアドレスは基本以下の構造となっております。

 twitmID[+コマンド]@twitm.net

 投稿・TL取得は twitmID@twitm.net です。

(※最低限これだけ覚えればOK)


 twitmIDは各ユーザ毎に自動で割り当てられます。
 特殊な操作が必要な場合はコマンドを付加します。
 たとえば通常つぶやき後HomeTLが返信されますが、TLの返信が不要の時は投稿専用の twitmID+up@twitm.net へ投稿するとつぶやきだけ行えます。
 その他操作については下記の操作説明を参照してください。

基本操作
・つぶやく
 
メール本文1行目につぶやきを書いて投稿メールアドレス( twitmID@twitm.net )へ送ります。
 つぶやいた後にHomeTLが通知されますが、通知を希望しない場合はつぶやき投稿専用メールアドレス( twitmID+up@twitm.net )へ送ってください。

・新着(最新)Home TLの取得
 空メール(本文なし)を投稿メールアドレスへ送ってください。

Time Line(TL)メール
 つぶやいた後やTL取得のリクエストメールを送るとTLのツイートが最大35件のツイートが記載されたメールが返信されます。

★TLメール(例)
★メールの見方(例)
From:
To:
件名:
本文:
twitmID@twitm.net
user@u.twitm.net
[twitm] Home TL
[*]未読があります.
twitmID
+nw01234567@twitm.net

@tm0w [01 16:53]
(Ryu)
@twitm_info おはようございます。きょうも良い天気ですね。
twitmID
+re01234567@twitm.net
twitmID
+rt01234567@twitm.net
twitmID
+qt01234567@twitm.net
twitmID
+gt01234567@twitm.net

@tm0w [01 16:40]
 〜〜〜【省略】〜〜〜〜〜〜〜

[*]もっと読む.
twitmID
+mr01234567@twitm.net
@twitmシステムメールアドレス



A未読取得メールアドレス

つぶやいた人とその日時
つぶやいた人の名前
つぶやき

B返信用メールアドレス
CRT用メールアドレス
DQT用メールアドレス
Eツイート取得メールアドレス
区切り
次以降のつぶやき



Fもっと読むメールアドレス

@twitmシステムメールアドレス
 つぶやいた場合はその投稿メールアドレスが記載されるので本文につぶやきを書いて返信すれば再度つぶやくことができます。
 TLの取得をしたときはそのTLを再度取得できるメールアドレスが記載されます。本文なしで返信すると再度同じTLが取得できます。

A未読取得メールアドレス
 新着TLを取得した時に35件以上の未読と思われるツイートがあると表示されます。このメールアドレスに空メールを送信すると前回の最新ツイート以降の最大35件のツイートが取得できます。
 「[*]もっと読む.」でTLを取得している場合、受信したTLより新しいツイートがある時は「[*]新しいtweetを読む.」と表示され、取得した最新ツイートより新しいツイートの取得ができます。

B返信用メールアドレス
 このメールアドレスへつぶやきを送信すると、そのツイートに返信することができます。つぶやきには@userIDを記載しなくてもtwitmサーバが自動で付与します。

CRT用メールアドレス (in_reply_toなしの引用)
 このメールアドレスへつぶやきを送信すると、そのツイートを引用してつぶやくことができます。つぶやきには引用元内容を記載しなくてもtwitmサーバが自動で引用元を付与してくれます。
注意)このメールアドレスを利用すると以後TLメールにQT用メールアドレスが記載されなくなります。

DQT用メールアドレス (in_reply_toありの引用)
 このメールアドレスへつぶやきを送信すると、そのツイートを引用してつぶやくことができます。つぶやきには引用元内容を記載しなくてもtwitmサーバが自動で引用元を付与してくれます。
注意)このメールアドレスを利用すると以後TLメールにRT用メールアドレスが記載されなくなります。

Eツイート取得メールアドレス
 ツイートに写真URL(twitm、Twil、携帯百景、twitpic、tweetphoto、はてなフォトライフ、フォト蔵)や、in_reply_toがある場合に表示されます。
 このメールアドレスへ空メールを送信するとそのツイートとその返信(in_reply_to)元のツイートが取得できます。また写真URLがある場合、最初の1枚目の写真がメールに添付されます。
 取得したツイートメールに返信を行うとふぁぼることができます。(送信元が+fvの付いたメールアドレスになっています。)
 

Fもっと読むメールアドレス
 このメールアドレスへ空メールを送信すると受信したTLよりも前の最大35件のツイートが取得できます。
基本操作(活用編)
・新着(最新)返信(メンション)の取得
 
自分宛のつぶやきを取得する場合、本文に @自分のID を書いて投稿メールアドレスへ送ります。

・新着(最新)User TLの取得
 
本文に@ユーザーID を書いて投稿メールアドレスへ送ります。
 たとえばtm0wのUser TLを取得したい時は @tm0w と書きます。

・新着(最新)List TLの取得
 本文に@ユーザーID/リスト名 を書いて投稿メールアドレスへ送ります。
 たとえばtm0wのfriendリストのTLを取得したい時は本文に @tm0w/friend と書きます。

・公式RTを行う
 TLメールに記載のRTまたはQTメールアドレスへ空メールを送信するとそのツイートき公式RTすることがことができます。公式RTは自分のHomeTLには表示されない為、成否とRT元の内容をメールで通知いたします。

ふぁぼりたい
 TLメールに記載の返信メールアドレス(+reの付いたメールアドレス)またはふぁぼり用メールアドレス(+fvの付いたメールアドレス)へ空メールを送信するとそのツイートきをふぁぼる(お気に入り登録する)ことができます。

ユーザーのプロフィールを見る
 本文に?ユーザーID を書いて投稿メールアドレスへ送ります。
 たとえばtm0wのプロフィールを取得したい時は ?tm0w と書いてメールを送信します。

ツイートを検索する
 特定のキーワードを含むツイートを検索したい場合、本文に +キーワード のみ を書いて投稿メールアドレスへ送ります。
 たとえば 「twitm」 というキーワードを含むツイートを検索したい場合は +twitm と書いてメールを送信します。

ハッシュタグを含むツイートを検索する
 ハッシュタグを含むツイートを検索したい場合、本文に ハッシュタグ のみ を書いて投稿メールアドレスへ送ります。
 たとえば 「#twitm」 というハッシュタグを含むツイートを検索したい場合は #twitm と書いてメールを送信します。

イマココする
 GPS機能つきケータイ電話でGPS情報を本文2行目以降(つぶやきの後の行)にGPS情報(URL)を挿入してメールすることで、現在位置をつぶやきに追加することができます。
 現在位置情報は住所と地図のURL(Google mapに接続します)が追加されます。
 本機能はdocomo、au、SoftBankに対応しております。
注意)位置情報は数十メートルから数百メートルの誤差で表示されます。自宅など個人を特定できるような場所の位置情報は送らないようご注意ください。

プロフィールメール
 自分のプロフィールを取得する場合と自分以外のプロフィールを取得した場合で一部表示が異なります。
 また、プロフィールの写真もメールに添付されてきます。


★プロフィールメール(自分の例)
★メールの見方(例)
From:
To:
件名:
本文:
twitmID+su1l0yh9@twitm.net
user@u.twitm.net
[twitm]UserProfile tm0w
これはあなたです!
【名前】tm0w(Ryu)
【現在地】太陽系第三惑星地球亜細亜州日本国
【自己紹介】Twitter をケータイメールで楽しむプログラム作ってます。 既存サービスもありますがweb必須とかHTMLメール必須とか。もっともっとシンプルにというコンセプトで作ってます。興味がある方はプログラムの公開ページを作ったのでお暇なときにお立ち寄りください。 http://twitm.net/
[*]DMを読む
twitmID
+dm@twitm.net

【ツイート】 1000
[*]Mentionsを読む
twitmID
+tu@twitm.net

【フォロー】 100
【フォロワー】100

【リスト】  5
@tm0w/bot
@tm0w/info
@tm0w/twitm
@tm0w/watch
@tm0w/news

【最新tweet】[12 08:05]
おはようございます。
@twitmシステムメールアドレス


自分のプロフィールの場合表示














A自分宛DM取得メールアドレス



B返信(Mentions)取得メールアドレス
@twitmシステムメールアドレス
 このメールアドレスに空メールを送ると同じユーザーのプロフィールが取得できます。

A自分宛DM取得メールアドレス
 このメールアドレスに空メールを送ると自分あての新着DMが取得できます。

B返信(Mentions)取得メールアドレス
 このメールアドレスに空メールを送ると自分あての返信など@自分のIDが含まれる新着ツイートが取得できます。

★プロフィールメール(自分以外の例)
★メールの見方(例)
From:
To:
件名:
本文:
twitmID+su1lklvc@twitm.net
user@u.twitm.net
[twitm]UserProfile twitm_info
【名前】twitm_info(twitm info)
【現在地】日本のどこか
【自己紹介】ケータイメールで気軽にtwitterすることを目指して開発中のサーバアプリです。
登録以外の操作は全てメールのみで利用できます。
auのガンガンメール、ドコモのメール使いホーダイ、ソフトバンクのプリモバメールし放題でガンガンつぶやいてください。

試験サービスも開始いたしましたのでよろしくお願いします。
[*]DMを送る
twitmID
+dm1lklvc@twitm.net

【ツイート】 20
[*]User TLを読む
twitmID
+tu1lklvc@twitm.net

【フォロー】 100
【フォロワー】100

【リスト】  0

【最新tweet】[11 00:42]
【お知らせ】いつもご利用ありがとうございます。

・フォローされています.
・フォロー中
[*]フォローを解除
twitmID
+fr1lklvc@twitm.net
@twitmシステムメールアドレス

















ADM送信メールアドレス



BユーザーTL取得メールアドレス













Cフォロー/解除メールアドレス
@twitmシステムメールアドレス
 このメールアドレスに空メールを送ると同じユーザーのプロフィールが取得できます。

ADM送信メールアドレス
 本文にメッセージを記載してこのメールアドレスにメールを送るとそのユーザーへDMを送ることができます。

BユーザーTL取得メールアドレス
 このメールアドレスに空メールを送るとそのユーザーの新着TLが取得できます。


Cフォロー/解除メールアドレス
 このメールアドレスに空メールを送ると未フォローの場合、このユーザーをフォロー、フォロー中の場合、このユーザーのフォローを解除できます。
注意)フォローとフォロー解除で実際のメールアドレスが異なります。フォローは +fo、フォロー解除は +fr がメールアドレスに含まれます。

高度な操作
ツイートの削除
 直前のツイートは同じメールを再送すると削除できます

 また指定ツイートを削除したい場合TLメール記載の返信用メールアドレスの +re 部分を +rm に変更したメールアドレスへ空メールを送信してください。
 削除したツイートを戻すことはできませんので操作には十分注意して行ってください。

※写真添付、イマココなどサーバで処理があるツイートは削除できない場合があります。
・timeline等の定期通知登録
 Home TLやList TL、Mentionsを一定の間隔で自動的にメールで通知することができます。
 定期的に通知させたいTLやMentionsを取得するメールを送る際に件名に通知間隔を半角数字で入力するだけです。
★送信メール
From:
To:
件名:
本文:
user@u.twitm.net
twitmID@twitm.net
20
@tm0w/twitm

 通知間隔は20分以上10分単位で設定ができます。

定期通知を解除する場合は件名に0を半角数字で入力して一度TLやMentionsを取得してください。


 【おすすめの利用方法】
 定期的に通知されるツイートは最大35件です。Home TLだと本当に見たいツイートを取りこぼす可能性が高くなります。
 そこで特に通知したいユーザーのリストを作成し、そのリストを通知すると取りこぼしが少なくなると思います。
 またはMentionsを通知するようにすると、自分宛のつぶやきを逃しにくくなります。


・写真の投稿
 写真を添付してつぶやくと写真はtwitmサーバに保管されURLがつぶやきに挿入されます
 twitmサーバに保管された画像はVGA以下のサイズに変換され表示は最大3日間有効となります。
 
長期にわたり写真を表示させたい場合は下記の方法をご活用ください。
1.携帯百景連携機能
  携帯百景の投稿完了メールをそのまま転送(auは本文転送)するとそのコメントと写真URLをつぶやくことができます。
2.twitpic中継機能
 写真つきつぶやきを投稿する際、件名にtwitpicの投稿用メールアドレス(事前にtwitpic登録が必要です)を記載して投稿することで、twitmからtwitpicへ写真と105文字までのつぶやきを中継(転送)いたします。
 以後は件名を空にして写真を投稿した場合もtwitpicへ中継するようになります。(投稿用メールアドレスをtwitmで保管いたします)
 twitmサーバ保管に戻す場合は件名にtwitmの投稿メールアドレスを記載して投稿してください。

・写真の回転
 写真の回転に対応しました。写真投稿の際、件名に回転方向を記入してください。
『右』と書くと、写真を時計回りに90度回転させて投稿されます。
『左』と書くと、写真を反時計回りに90度回転させて投稿されます。
『縦』と書くと、横長の写真の場合に写真を時計回りに90度回転させて投稿されます。
『横』と書くと、縦長の写真の場合に写真を反時計回りに90度回転させて投稿されます。
回転コマンドは、写真の登録前に実行されます。


・署名やハッシュタグをつける
 本文につぶやきの最後に自動的に付与したい署名やハッシュタグを記載して、署名登録メールアドレス(twitmID+si@twitm.net)へメールを送信してください。
 解除する場合は署名登録メールアドレス(twitmID+si@twitm.net)へ空メールを送信してください。


twitmIDは各ユーザ毎に自動で割り当てられているIDのことです
・複数行(改行入り)のつぶやきを投稿する
 つぶやきの最後に3文字以上連続する半角の0(ゼロ)または-(マイナス)のみの行を入力して投稿してください。

★送信メール
From:
To:
件名:
本文:
user@u.twitm.net
twitmID@twitm.net

こんにちは。
今日は暑いですね。
---
line
Copyright(c)2009-2010 T.Kobayashi